介護福祉経営士とは > 介護福祉経営士のキャリア像

介護福祉経営士とは

介護福祉経営士のキャリア像

具体的には、以下のような対象・職務を想定しています。

  • 介護福祉士等の介護スタッフが、キャリアパスの一環としてマネジメントを学び、施設長等の上位職務をめざす。
  • 介護施設・事業所等の経営者がよりレベルの高いマネジメント能力を身につけ、事業の拡大や多角化を図るための経営ノウハウを養う。
  • 介護スタッフとしての経験を生かし、起業、独立開業する際に、経営者に求められる資質を身につける。
  • 地域の介護事業者、医療機関、行政、その他関連機関等のネットワーク化や情報の共有化を図り、高齢者介護を含む地域包括ケアを構築するコンサルタント、コーディネーター的な役割を担う。
  • 高齢者向けビジネスへ参入する企業が、介護福祉士等のスタッフを円滑にマネジメントし、良質なサービスを提供するための知識を身につける。
  • 金融機関、コンサルタント等が、介護福祉経営の知識を身につけ、介護福祉事業者等とのコミュニケーションの円滑化を図り、ビジネスチャンスを拡大する。
合格者の声

介護福祉経営士の合格者はすでに、各地で活躍しています。彼らはなぜ、介護福祉経営士の資格を取得したのでしょう。生の声をご紹介します。

  ⇒  「合格者の声」はこちらから