受験と資格認定について > 資格認定の流れ > 認定区分

認定区分/受験資格/出題科目

認定区分

「介護福祉経営士」には、1級と2級の2つの等級があります。

受験資格

  • 「介護福祉経営士2級」資格認定試験の受験資格に、年齢、学歴、国籍等の制約はありません。
    (成年被後見人および被保佐人でないこと)
  • 「介護福祉経営士1級」資格認定試験は、「介護福祉経営士2級」(正会員)であることが受験要件。
    (成年被後見人および被保佐人でないこと)

出題科目

等級 科目(大項目) 科目(中項目)
介護福祉経営士
1級資格認定試験
(全50問/80分)
介護福祉経営学
実践Ⅰ
介護福祉経営概論
介護福祉コミュニケーション
事務管理/人事・労務管理
介護福祉財務会計
介護福祉経営学
実践Ⅱ
組織構築・運営
介護福祉マーケティングと経営戦略
介護福祉ITシステム
リハビリテーション・マネジメント
医療・介護福祉連携とチーム介護
介護事故と安全管理
リーダーシップとメンバーシップ、モチベーション
総合問題 ※社会保障に関する時事問題等
介護福祉経営士
2級資格認定試験
(全40問/60分)
介護福祉経営学
基礎Ⅰ
介護福祉政策概論
介護福祉経営史
介護福祉関連法規
介護福祉の仕組み
高齢者介護と介護技術の進歩
介護福祉倫理学
介護福祉経営学
基礎Ⅱ
医療を知る
介護報酬制度/介護報酬請求事務
介護福祉産業論
多様化する介護福祉サービス